お喋りな男は好きじゃないという女性もいます。

出会いであろうと恋愛であろうと、女性と話すということは絶対に避けられないことで、ここが苦手だと思っている人も多いはずです。

なにを話していいかわからないとか、話題がないとか、面白いことを言えない、気の利いたことを言えないと悩んでいる男性は多いようです。

はっきりいいましょう。

トークが上手い男性なんていうのはほんの一握りです。

常に相手を楽しませたり、笑わせることができるようなトークスキルをもっている男性はほとんどいません。

多くの人が悩みながらも考えながら、少しでも楽しくしようとか楽しませようとして話しています。

当たり前ですが口達者な男性を好きな女性もいれば、お喋りな男は好きじゃないという女性もいます。

口下手で不器用な男性に惹かれるという女性もいますし、必ずしも話が上手くてぺらぺら話せればいいかというと、そんなことはありません。

大事なのは礼儀です。

例えば、見知らぬ女性に話しかけるシチュエーションがあるとしましょう。

一言目から男性によって違いがあります。

こんにちはといった挨拶から入る礼儀正しい人もいれば、女性をいきなり褒めるところから入ったり、周囲の環境を引き合いにだして天気や景色から触れる人もいます。

多数、少数という割合というものはあるにしても、男性によって様々な一言があるわけです。

正解なんていうのはないんですが、女性にとっては好感触になりやすいのはやはり挨拶から入る場合でしょう。

真面目さのアピールにもなりますし、軽薄さを感じさせない第一印象を作ることができます。

ただここも、個性や軽いノリが好きな女性にとっては挨拶よりもいきなり褒めるところから始められたり、思わぬ所から不意打ちの一言をすることで個性のある男性だとか、相性が良さそうという好印象を与える場合もあるので、本当に難しいところです。

トークスキルはあるに越したことはないですが、トークスキルよりもなによりも、予めどういう女性かということを見抜き、女性に好印象を与える一言を取捨選択して選べるかどうかという、恋愛スキルというものがより重要であることは間違いありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

Your email address will not be published. Required fields are marked *