女性も断ってOKの雰囲気を作るのが上手な男性はお持ち帰りが得意でモテる

私の以前いた会社の同僚は、女性への声かけが非常にうまく、結婚するまでの間に百人切りを達成するツワモノでした。

見た目は派手でもなく、黒い髪の毛にメガネ、年齢は三十代スーツを着たサラリーマン、身長は170センチくらいで体重は100キロくらいの巨漢でした。

そんな彼がなぜモテていたのかというと、清潔感とトーク術だと思います。

大手電気用品店の店員の経験があり、クレーム対応などをうまくかわすことができる人だったのです。

女性に対してもグイグイいくタイプで、いいなぁと思った女性には難なく声をかけるのです。

ナンパです。

一人がダメでもあきらめない、すぐ次へいくのです。

どこかで必ず成功しますし、失敗したからといって諦めない落ち込まない空気を悪くしないのが彼の持ち味でした。

そして誰にでも同じように接するのです。

君だけは特別、とかそういうのはナシです。

会社でも苦手な人にでも表向きは普通に接していましたし、話もあわせていました。

テンションが高いわけではないのですが、一定のテンションをずっと保っているのがポイントだったと思います。

「そうか…」と落ち込むことがなく「そっか!」というノリのよさで、あれは電気用品店で培われた技術だと今では思っています。

電気用品店は、お客様に声をかけるのですが断られることが多く、しかしそこで凹んでいては仕事にならないため次へ次へと声をかけなければなりません。

それと同じ精神を彼は持っていたのです。

声かけが成功しうまく食事までこぎつけると、あとは夜だけです。

そこでも彼は同じような態度なのです。

「そろそろホテルいく?」みたいなノリではなく「このあといいでしょ」みたいなノリなのです。

でも、断わっても別に問題はないのです。

女性も断ってOKの雰囲気を作るのが上手なので、むしろがっついている男性よりもホテルにうまく連れ込むことができるタイプなのです。

テンションを同じに保つ、変な空気になることがない、流れが非常にうまい、この辺りを心得ているとうまくくどく事が出来ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

Your email address will not be published. Required fields are marked *