女性は最後の女になりたがるのは結婚したいから。女性は無意識にリミットを意識する

恋愛に自信のない男性でも、必ず女性と付きあえる方法があります。

それは、数撃てば当たるです。

声掛けの場数をこなすことで、まぐれでもそのうちに、確率論から当たり女性が引っかかるからです。

一見無謀なようでいて、実は理に適った方法です。

女性に声掛けをしていくうちに、こういうやり方だと女は喜ぶとか、反応がいいということを体得していくからです。

最初から何事も上手く行く人は少ないです。

仮に最初から上手く行っても、声掛けの総数が多いほど、こういう女性には、こうするといいという経験値が上がっていくので、数撃ち方式は得が多いです。

一人の女性に固執していると、必死さも伝わってしまい、場合によっては怖さにも感じ取られるというリスクもあります。

真剣さや誠実さがあると思われることと、必死は違うので、女性への声掛けは少しでも気になる人に対し片っ端からやっていくことで、声掛けの質も上がっていくからです。

多くの女性に網を張っていれば、気持ちにも余裕が出てきます。

声掛けの数を増やすことで、上達もしていくし慣れていき、その余裕さがモテにも繋がるという好循環に恵まれます。

だから、少しでもいいと感じた女性には声をかけていくことが大切です。

そのうちに、最初は苦手だったものが、得意になっていってモテるようになります。

人は不思議なもので、特定の女性が居るとか、居そうな雰囲気の男性にますます異性が寄り付くという傾向もあるからです。

遊びの関係でもある程度気持ちのある女性でも、その女性と関係性が危うくなっても、あちこちの女性に声をかけていれば、その余裕の空気から、女性は余計に執着するという習性もあるからです。

女性は、最後の女になりたがるという特徴があるからです。

だから、安定感のない男性はモテます。

さすがに同じ環境にいる女性の四方八方に声をかけるのはまずいですが、職場外であれば、まず大丈夫。

遊びの場でも、同じ環境内は避けた方が無難なケースもありますが、とりあえず、声をかけていけば、そのうちに度胸もついて、勝手に慣れていくし、女の気配が多少あることで、さらに女が寄ってたかるというループになることは間違いありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

Your email address will not be published. Required fields are marked *